技術情報 アプリケーション トピックス 日本分光付属品紹介 顕微赤外?ラマン共通試料ホルダー(シェアリングホルダー)
トピックス

日本分光付属品紹介 顕微赤外?ラマン共通試料ホルダー(シェアリングホルダー)

概要

赤外分光法とラマン分光法は、分子の振動情報から相補的に分子構造を解析できる手法として知られています。赤外分光法は情報量が多くデータベースが充実していることから、有機物の分析を中心に広く用いられています。一方、ラマン分光法は赤外分光法に比べて空間分解能が高く、低波数領域の測定が容易なことから、無機物や結晶構造の解析に威力を発揮します。このため、双方の測定を組み合わせることで多角的な分析結果が得られることは古くから知られており、同一微小領域や同一点を双方の手法で正確かつ迅速に測定することが求められてきました。

これらの要求を満たすために開発したのが、シェアリングホルダーです。

赤外顕微?顕微ラマン分光光度計へのシェアリングホルダーの取付
赤外顕微鏡?ラマン顕微鏡へのシェアリングホルダーの取付

赤外顕微鏡での測定

レーザーラマン分光光度計での測定

同一点を測定可能にする技術

シェアリングホルダーを用いることで、

  • 座標情報による測定位置への移動
  • 試料観察画像の一致度を元にした更なる測定位置合わせ込み(画像マッチング)
が可能となり、正確かつ迅速に同一微小領域や同一点を測定することができます。
*画像マッチングまでの一連の操作は専用ソフトウェア(シェアリングホルダー付属のサンプルスイッチプログラム)により自動で行うことができます。

画像マッチング
画像マッチング
能免费看Av的网站_可以直接看片的网站,,,